Canon

キヤノン初のフルサイズミラーレスは「5D markⅣ」のセンサーとは別物?

CanonのフルサイズミラーレスカメラにはEOS 5D Mark IVと同じ30.4mpセンサーが搭載され、カメラが「ミラーなしのEOS 5D Mark IV」になるとも言われていると噂されていましたが、canonrumorsそれは違うという話を聞いたと述べています。

・デュアルSDカードスロットも可能性が高い
・30.4mpセンサーは、5D Mark IVで見られるものとは異なる
・DPAF 4K(可能性が高い)搭載だが、5D Mark IVのものとは大きく異なっている
・Photokinaよりも先に複数の発表をする可能性が高く、その間に多くのカメラとレンズが発表されると予想している
・2年前に登場した5D markⅣのセンサーを搭載した新しいミラーレスカメラのマーケティングは非常に難しい
・それだと販売前から「終わっている」と思われてしまう
※Photokinaは2018年9月26日に始まります。

入ってくる情報があまりにも曖昧なので、話半分で聞いてほしいとのこと。

この話を聞く限りだと、ただ単に2年前の5DⅣの性能を引き継いだミラーレス一眼ではなさそうですね。

同じであれば残念がる人もきっと多いでしょう。SONYとの差がまた開いてしまう可能性もあります。
価格がどうなるのか気になるところですね。続報に期待しましょう。

こちらも読まれています