Canon

カメラマンVANESSA JOYによる『CANON スピードライト 470EX-AI』レビュー

カメラマンVANESSA JOYによるCANONの新型ストロボ「470EX-AI」の動画レビューが興味深かったので紹介したいと思います。

470EX-AIは、カメラの向きを変えてもシャッターボタンをタップするだけでベストな角度に動いてくれるA.Iストロボです。

自動バウンス撮影がどれほど簡単なのかがこの動画で紹介されているのでぜひ確認してみてください。

子育て中のカメラマンにやさしい

このVANESSAは現在子育て真っ最中で、この動画では子供の誕生日パーティーで使用した際の感想を述べています。

普通なら赤ちゃん片手に一眼レフでの撮影は困難です。

(ちなみに7か月の赤ちゃんだそうです。)

しかしこのストロボなら屋内で必須の天井バウンスが何もしなくても楽々できてしまうんです。

A.Iバウンスフルオートモード

フラッシュを直射した場合と、天井バウンスさせた場合の比較もしています。

明らかに前者は光が当たりすぎて強い影ができていますが、A.Iモードで撮影したバウンスモードでは柔らかい光で部屋を写してくれています。

天井バウンスは若干自分の方へ傾けるのがいいとされていますが、これなら完全にオートで角度を決めてくれるので撮影に集中することができてしまいますね。

調光補正もボタン一つで簡単

中央のダイアル右を押し、あとはダイアルを回すだけで調光補正が可能。

この手の設定はボタンが多く見えるため難しそうに感じるかもしれませんが、そこはさすがのCanon。直感的に操作できるように設計してくれています。

誰が撮影してもいい画が撮れる

最後にVANESSAは友人に家族の撮影を任せていました。

この部分を見るとわかるように、カメラに疎くてもストロボの向きが自動で変わるので、誰でも綺麗に撮影することができるんです。

プロやハイアマチュアはもちろん、バウンス撮影が苦手な方にもおすすめできるスピードライトなのではないでしょうか。

こちらも読まれています