Nikon

【最新】「Nikon Z7」と「Sony α7RⅢ」のスペック比較

昨日発表された「Nikon Z7」と「Sony α7RⅢ」のスペック比較です。

あわせて読みたい
【正式発表】Nikon Z6&Z7、Z NIKKORレンズ、Nikon XQDカードの発売日・価格ついに来ましたNikonの新製品発表会 発表会での情報をリアルタイムで記載しています。 Z6 Z7の発売日・価格 ...

「Nikon Z7」VS「Sony α7RⅢ」

カメラ機能 ニコンZ7 Sony α7RⅢ
センサ解像度 4575万画素 約4240万画素
マウント ニコンZ ソニーE
AAフィルター No No
センサータイプ BSI CMOS BSI CMOS
ボディ内手振れ補正 5軸ボディ内手ブレ補正 5軸ボディ内手ブレ補正
センササイズ 35.9 x 23.9 mm 35.9 x 24 mm
画像サイズ 8256×5504 7952×5304
イメージプロセッサ EXPEED 6 BIONZ X
ロスレス圧縮RAWオプション あり なし
ファインダー 電子/ EVF 電子/ EVF
ファインダーの種類/解像度 クワッドVGA OLED / 3,690,000 クワッドVGA OLED / 3,686,400ドット
ビューファインダーカバレッジ 100% 100%
ファインダー倍率 0.8倍 0.78倍
内蔵フラッシュ なし なし
フラッシュ同期速度 1/200 1/250
記憶媒体 XQD×1 SD×2
連続撮影速度 制限付き9 FPS(12ビットRAWのみ) – 14ビットRAW付き5.5 FPS 10 FPS(制限付き12ビットRAWのみ) – わずかな制限付きで8 FPS
最大シャッタースピード 1/8000~30秒(1/3、1/2ステップに変更可能)、Bulb、Time、X200 1/8000〜30秒、バルブ
電子フロントカーテンシャッター はい はい
測光センサー メインイメージセンサを用いたTTL露光測光 1200-Zone
メーター範囲 -4〜17 EV -3 EV〜20 EV
ISOベース ISO 64 ISO 100
ネイティブISO感度 ISO 64-25,600 ISO 100-32,000
ISO感度を向上 ISO 32-102,400 ISO 50-102,400
オートフォーカスシステム ハイブリッドAF(位相検出AF /コントラスト検出AF) ハイブリッドAF(位相検出AF /コントラスト検出AF)
フォーカスポイント 493点 399点(位相検出AF)、425点(コントラスト検出AF)
瞳AF なし あり
ビデオ圧縮 4:2:0サンプリングによるAVCHD / MP4圧縮、4:2:2サンプリングによるHDMI経由の10ビット圧縮 4:2:0サンプリングによるAVCHD / MP4圧縮、4:2:2サンプリングによるHDMI経由の8ビット圧縮
ビデオの最大解像度 24/25/30 fpsでの3840 x 2160(4K)1920 x 1080(1080p)、120/100/60/50/30/25 / 24fps 24/25/30 fpsでの3840 x 2160(4K)1920 x 1080(1080p)、120/100/60/50/30/25 / 24fps
録音 内蔵ステレオマイク
外付けステレオマイク(オプション)
内蔵ステレオマイク
外付けステレオマイク(オプション)
関節式LCD あり あり
タッチスクリーン あり あり
LCDサイズ 3.2 “対角LCD 3.0 “対角LCD
液晶解像度 2,100,000ドット 1,440,000ドット
内蔵GPS なし なし
Wi-Fi機能 内臓 内臓
ブルートゥース 内臓 内臓
電池 EN-EL15b NP-FZ100充電池
バッテリー寿命 330ショット 530ショット(ファインダー)、650ショット(リアLCD)
ウェザーシールボディ 埃や湿気に強い 埃や湿気に強い
USBバージョン 3.1 3.0
重量(バッテリーとメモリーカード付き) 675g 657g
寸法 134×100.5×67.5mm 126.9 x 95.6 x 73.7 mm
価格 440,000円前後(希望小売価格) 349,880円(税別)(ソニーストア)

こうやって見ると後出しのZ7がうーん・・・という感じに。

全体的な性能は良いのですが、Z7には瞳AFがないことや(顔認識のみ)、SDスロットが1つしかないということに期待を抱いていたユーザーからは不満の声が上がっているようです。

レンズもアダプタでFマウントが使えるといっても、Zマウントのレンズは年内ではそこまで良いものがでなさそうなので、サイズもやや大きいとなるとやはりα7RⅢに軍配が上がるのではないでしょうか(個人的意見です)

こちらも読まれています