Canon

フォトキナ2018より前に「EF 400mm f/2.8L IS Ⅲ USM」ともう一本の単焦点白レンズを発表か?

キャノンが9月にフォトキナ(Photokina)2018より先に2つの新しい大型白レンズを発表すると長い間噂されています。

発表されるレンズの一つに『Canon EF 400mm f / 2.8L IS III USM』が現在確認されています。

もう一つの超望遠レンズはまだ確定されておらず、バージョン3のレンズで、

●EF 300mm f / 2.8L IS Ⅲ USM
●EF 500mm f / 4L IS Ⅲ USM
●EF 600mm f / 4L IS Ⅲ USM

このどれかになる模様。

これらのレンズの主なアップグレードは、軽量化とコーティングの更新に重点を置く可能性が高いでしょう。

via CR

こちらも読まれています