Canon

【Canon】2018年第2四半期決算を発表

キヤノンは2018年第2四半期の業績を発表しましたが、ILC市場は引き続き縮小し、四半期は減速しました。

EOS M50は、第2四半期2018年の売上を牽引してきたように見え、キヤノンはEOS M50が現在2018年の上半期の日本でのミラーレス市場シェアの1位で、世界中の他の市場でのシェアを増加し続けると主張しています。

総販売台数は、2018年上半期のキヤノンの計画に合致していますが、キヤノンは残りの年の売上予測を引き下げています。

これは、一部は現在のエントリーレベルのモデルに焦点を当て、新しいユーザーをEOSシステムに引き付けるためのものです。

コンパクト市場では、キヤノンの四半期では22%減の840万台にとどまり、市場予想を下回りました。

スピーチの要約

ILCsについては、第2四半期に入って市場の縮小率は低下しました。これは、競合他社と自社の両方による新製品の発売による需要の刺激を反映しています。このような状況の中、当社はユニット販売台数で138万台を管理し、前年比3%の減少となりました。

第2四半期には、戦略的に配置されたミラーレスカメラEOS M50が売上を伸ばしました。エントリークラスのモデルであるにもかかわらず、より高度なカメラに見られる特徴を取り入れながら、初心者のための簡単な操作を提供します。これにより、私たちはILCエコシステムに新しいユーザーを惹きつけています。

このような新製品の発売により、上期には国内でのミラーレスカメラのトップシェアを確保し、他地域でのシェアを着実に拡大しています。

今年の下半期には、幅広い顧客層に到達するために、新しいユーザーを育成する方法として、ソーシャルメディアを積極的にマーケティングに使用する計画を実行します。

また、成長市場である先進的なアマチュアを対象としたプロモーション活動を強化します。同時に、今年下半期に新製品を投入し、ラインナップの更なる強化を図ります。

利益面では、国内工場の自動化の加速と生産設備そのものを含めた社内生産の推進を通じ、さらなるコスト削減に取り組んでいきます。同時に、営業費用を徹底的に削減します。これらの施策により、下期からの収益改善に努めます。

上半期の販売台数が計画通りであったため、通年の計画を維持することにしました。しかし、収益の観点からは、新規需要を育成するために使用されたエントリークラスのモデルからの売上の増加した割合を考慮して、予測を引き下げた。しかし、これもASPの低下をもたらしました。

コンパクトカメラの売上は、市場の縮小が続くなかで、販売台数は前年度比22%減の840万台となりました。上半期の市場および当社の販売台数が予想を下回ったため、当社は通期の予測を11百万台から1,000万台に、当社の販売台数を3百万台から3百万台に引き下げた。

via CR

こちらも読まれています