Canon

【Canon】EVF使用時のレビュー用LCDの特許を出願(画像)

Canon Newsは、EVFを搭載したILCによるLCDレビューの機能性を示す特許を明らかにしました。

過去に、キヤノンはEVF DSLRに取り組んでいると言われていました。

Canon Newsが指摘しているように、特許画像にはDSLRが表示され、EOS Mカメラは表示されません。

この特許は興味深い。EVFベースのカメラと背面のLCDパネルで画像のレビューやライブ操作を行う方法について説明しますが、最も興味深いのは、特許出願で提案されたカメラです。それはDSLRの形のカメラであり、Mの設計されたカメラではありません。キヤノンは、特許のもので、通常はカメラの画像であるため、見た目のカメラを使用することができますが、その意図をガイドします。つまり、DSLRのフォームファクターでEVFを見ていないのであれば、DSLRであるとは思っていませんでしたが、M5やM6カメラを見せてもらえました。 。

この特許については、それはまだ素晴らしいアイデアだと私は私のMでこれを見て大好きだ。OVFベースのカメラでは、画像レビューをオンにすることができます。その結果、選択した画像はすぐに背面のLCDパネルで確認されます。ただし、Canon EVF搭載カメラで撮影する場合は、EVF画面に画像ビューが表示されますが、連続撮影を妨げるためにEVFではなく画像のレビューがLCDにリダイレクトされても問題ありません。

換言すれば、この特許は、EVFベースのカメラを、既存のOVFベースのDSLRと同じように動作させることである。面白い。

VIA:CN

デジタル一眼レフカメラは、被写体の構図確認のための接眼ファインダーと、画像表示、ライブビュー表示、撮影された様々な設定を行うための背面表示を備えています。

近年、電子ビューファインダー(EVF)を接眼ファインダーに搭載しているデジタルカメラの数が増えています。

EVFを搭載したカメラでは、被写体だけでなく、様々な画面をファインダーに表示することができるため、接眼レンズを用いて簡単に設定のバリエーションなどを行うことができます。

ファインダーの接眼部を撮影した後、撮影後の画像確認が可能になります。

しかし、EVFで画像確認を行うと、撮影後すぐに被写体を確認することはできないですが、次の撮影に支障をきたす可能性があります。

EVFは小さく、詳細な画像確認が困難であり、古い光学ファインダ(OVF)であるため、画像確認には多くのユーザが背面表示(LCD)を行うことが予測されます。

しかし、OVFにとってもメリットであるため、撮影直後の画像確認をEVFで行うことを有効に活用したいと考えています。

VIA:CR

こちらも読まれています