カメラ

SONY『DSC-RX100M6』作例チェック丨解像感は素晴らしいが暗所が苦手か

SONYのデジカメ『DSC-RX100M6』の作例がDPREVIEWにて公開されました。

日中の屋外写真に関しては見事の一言。ポートレートも素晴らしい解像感です。

作例

ポートレート

38.13mm、1/200秒、f / 4、ISO 125

上:全体 下:等倍

19.84mm、1/160秒、f / 5、ISO 125、-0.3EV

上:全体 下:等倍

風景

9mm、1/200秒、f / 5.6、ISO 125

上:全体 下:等倍

植物

72mm、1/200秒、f / 5.6、ISO 125

上:全体 下:等倍

暗所

9mm、1/30秒、f / 2.8、ISO 1600、-1EV

まとめ

全体的に見たままを写しているような自然な色合いがいいですね。

解像感もコンデジとしてはかなり高品質で、風景・ポートレート共にジャスピンした箇所はくっきり写っています。

夜間の撮影にはさすがに弱いのか、ISO1600での写真にはかなりのノイズが乗っています。最後の写真の場所には一応ライトがあるようですが、それでもなかなか厳しそうですね。
ここで見るよりも等倍で見るとよりノイズの乗り方がわかるので、作例は「DPREVIEW」にてご確認ください。

しかしながらこのサイズでここまで撮れるようになったのかと関心です。

あわせて読みたい
SONY『DSC-RX100M6』海外レビューチェック|高速AFと瞳AFが素晴らしい2018年6月に販売開始となったSONYのデジカメ『DSC-RX100M6』 海外でもレビューが続々と上がってきているので、その声...
こちらも読まれています